辰川志郎オフィシャルサイト

教育

少子化が進行する現在、加賀市においても例外ではありません。

加賀市の将来を担うのは現在の子どもたちであることは言うまでもありません。近年中学校を卒業すると小松、金沢方面の高校に進学する生徒が増加しており、加賀市の高等学校においては定員数が減少したにも関わらず定員割れが起きています。この現象を止めるにはどうするべきか今真剣に考える必要です。学校の統合という方法もあるが、私学の誘致もその一つといえるでしょう。

少子化が進行する要因はいくつか挙げられますが、そのひとつに保育費(教育費)の負担増があります。
保育費の軽減を図るには保育園の統合、民営化もその手段の一つとし、余剰金は保育費に充てることで段階的に保育費を軽減することができます。次の世代を担う子どもたちのためにも保育費の負担を軽減し、若いお母さん達の安心して働ける雇用の場を確保することも重要であると考えます。