辰川志郎オフィシャルサイト

視察調査報告書(千歳市)

期間平成27年7月3日(金
目的
グリーン・ツーリズムについて
調査先北海道千歳市
対応者千歳市議会事務局
総務課調査係 青山 聡
千歳市観光スポーツ部 交流推進課長 藤木健一郎
千歳市観光スポーツ部 交流推進課交流推進係 係長 今 至史

グリーン・ツーリズムとは

 「緑豊かな農山漁村で、自然・文化・人々との交流を楽しみながら、ゆとりある休暇を過ごす、滞在型の余暇活動」と定義される。

農業と農村地域の活性化への進め方について

 平成6年「農山漁村滞在型余暇活動のための基盤整備の促進に関する法律」を制定し、グリーン・ツーリズムの推進を図った。千歳市では市内で農産物の直売所や体験型農園等を経営する農業者が中心となって「千歳市グリーン・ツーリズム連絡協議会」
を設立し、グリーン・ツーリズムの普及啓蒙と食農教育の浸透を図るため、各種イベントや観光誘客促進のための宣伝活動や研修会等を実施している。

感想

 加賀市においてもブドウ、ナシをはじめ多くの農産物の生産や漁業も盛んであり、このグリー・ツーリズムを利用し、修学旅行や家族旅行等の滞在型の余暇活動や若い世代への農業教育を実施してはどうか。千歳市では農業施設の整備に平成22年から23年の3年間に単年度農業者に500万円を上限に必要な経費の1/2を助成し、農産物の直売所、観光農園への集客数は平成23年度約280,000人に対し、24年度378,000人、25年度384,000人と実績を挙げている。

千歳市役所前にて

千歳市役所前にて